胆道がんと代替療法

「胆道がん」トップ

胆道がんと代替療法

胆道がん代替療法にはどのようなものがあるのでしょうか。体への負担は大きくないのでしょうか。

代替療法の1つ目は、野菜や玄米中心の食事をとることです。病気でなくても体によいものですから、弱りがちな体には特に優しいものです。

興味深い代替療法として、サメ軟骨の摂取もあるでしょう。このサプリメントをとり続けることで状態が改善されることもあるという口コミがありますが、真相はいかがなものでしょうか。

ビタミン類のサプリメントの摂取も、代替療法といえるでしょうか。女性の美肌やダイエットに、ビタミン類の摂取が良いのはよく耳にしますが、この手の癌に、代替といえるほどの力が潜んでいるのかは分かりませんね。

ただ、投薬の副作用や痛みを緩和するための針灸やマッサージは、代替療法とまではいかなくてもおすすめです。苦痛緩和や心身のリラックスで効果があります。

代替療法としてはこれらのほかにも、身体機能の向上と心身症状の緩和のための運動も有効とされています。

代替療法として注目を一心に集めているのは、やはりプロポリスをとることかもしれません。これは、現在原発問題で特に脚光を浴びているのだとか。

ただ、これらの療法は必ずしも医学会から推奨されているものではなく、闘病中の患者によってその効果が限定的で、差があります。主治医とよく相談の上で行ってください。

胆道がんの代替療法は、西洋医学の治療を続けるための体つくりと捉えたほうが良いかもしれません。毎日の元気は食事や健康食品から作られます。