胆道がんの原因

「胆道がん」トップ

胆道がんの原因

胆道がん原因はどのようなものなのでしょうか。また、普段の生活の工夫で完治を目指すことができるのでしょうか。

胆道とは、胆のうと胆管を合わせた部分を指します。脂肪の消化を助ける消化液である胆汁は肝臓で作られます。これが胆管を通り、胃と小腸の間の十二指腸へ流れ、食べたものに混ざります。

便が黄色になる原因はこの胆汁によるものです。消化を助けているのです。

このタイプは、胆石が原因であることが考えられています。石があると、その部位の刺激になってしまいます。体の中に異物があるのは、その周囲の細胞の傷や働きに悪影響を及ぼし、炎症をおこすのです。

直接の原因はこの炎症であると医学的にわかっています。

原因をしっかり理解しておくと、治療に当たっている担当医の先生の話がよくわかるでしょう。手術などの治療を受けた予後の状態を先生にうまく伝えるために、このがんへの理解を深めておくとよいですね。

原因が分かっただけでは、まだ、完治に向けての第一歩に過ぎません。体力をつけて、手術等のいくつかの治療法を選択できるように準備しておきましょう。

胆道がんの原因を理解したら、まずは立ち向かうパワーを身につける必要があります。最近注目を浴びているのはプロポリスサプリです。口コミサイトなどを参考に質の高いプロポリスサプリを選ぶとよいでしょう。