胆道がんの早期発見

「胆道がん」トップ

胆道がんの早期発見

胆道がん早期発見するには、どのような検査方法があるのでしょうか。

早期発見のための第一歩は、血液検査です。眼や皮膚が黄色くなる黄疸と同様な検査値が出てきます。細菌の感染や肝臓の障害が起こっているのかもわかります。

二つ目の早期発見方法、腹部超音波検査です。胆道など腹部の検査でよく行われています。患者の体に負担が少ないのがメリットです。血液検査に続いて行われるものです。

また、CT検査は早期発見に非常に役立ちます。筒型の機械に寝た状態で入り、X線照射を受けます。コンピュータによる処理で立体的な患部の映像をみて、診断します。

癌の疑いがある場合にはその真相や大きさなどが一目でわかります。

内視鏡検査もはずせません。早期発見の為に、医学は本当に進歩していますね。口から内視鏡を挿入し、2本のスコープを用いて、十二指腸から胆道の内部を観察するものです。

最先端の方法は、超音波内視鏡検査でしょう。血液検査やCT検査でがんの疑いがある場合に行われる、早期発見のための検査方法です。がんの診断には十二指腸からの超音波内視鏡検査が有用です。

胆道がんを早期発見するための検査は様々なものがあります。検査は医師の先生に任せて、自分の健康管理をまずは徹底しましょう。食事内容を見直して、がんに負けない体を作ることが大事です。