胆道がんの治療

「胆道がん」トップ

胆道がんの治療

胆道がん治療には、手術、化学療法、放射線療法、内視鏡による方法があります。

治療の1つ目の方法である手術は、基本的には開腹した上で、手術を行います。

切除による方法は、がんが胆のうの粘膜層までで留まっていれば、リンパ節の転移の可能性がないため、摘出で根治が可能との見方が一般的です。

治療の2つ目はお腹に穴を開けて行われる腹腔鏡(ふくくうきょう)での手術の方法です。体への負担を考えると、よさそうに思いますが、胆汁がお腹の他の部位に漏れる危険があるために行われないことの方が多いようです。

3つ目の治療、化学療法は、抗がん剤を使用するものです。手術が行えない状況の場合に行われます。抗がん剤も個人差がありますが、副作用があります。

4つ目は、メジャーな治療法ともいえる、放射線の照射による療法です。

治療は、手術をするにしても、その他の療法を選ぶにしても、それらに耐えうる事のできる身体でいることが条件です。

体力が持たないのであれば、手術で根治の可能性が高かったとしても、別の治療の方法を選ばざるを得ません。

胆道がんの治療は、まずは体調を整えていくことから始まります。取り掛かるなら、体にパワーがみなぎるものを食べるように心がけましょう。その際、必要に応じて補助食品を利用するのも、これからの戦いを乗り切るためには必要かもしれませんね。

マールフコイダンイー

「フコイダンならどれも同じ」等ということはありません。
吸収力・含有量なら、これが最適!不健康な毎日とは縁を切ってください。

マールフコイダンイー

毎日の一杯が生きるチカラになる!海からの恵みフコイダン

詳細は→マールフコイダンイー