胆道がんの手術

「胆道がん」トップ

胆道がんの手術

胆道がんの手術は、どのような検査を経て行われるのでしょうか。またどのようにしてがんを取り除くのでしょうか。

手術はお腹を開いて行うものと、小さな穴を開けてそこからチューブ型の器具を挿入して行う腹腔鏡(ふくくうきょう)を使って行うものがあります。

手術の際に、患部から胆汁が漏れ出し、周囲の臓器に付着したりしないようにするねらいから、腹部を開いて行われることが多いです。

お腹を開いて手術が行われるということは、術後に体力が大幅に低下することになります。

手術の前には、患者の体力がどの程度か、その後の経過がよくなると期待できるのかについて、担当医が判断します。

ですから手術による治療を望んでいるのならば、体力をつけておかなくてはいけません。

だからといって、体を動かすのは病状が深刻ながんですから、困難なケースも多いです。

手術の前までに体力をつけるには、まずは体内に豊富な栄養素を送り込み、蓄えておく必要もあるかもしれません。

胆道がんの手術に備えて、体によい食事、例えば、野菜中心のメニューや玄米を取り入れたり、その他、注目のフコイダンなど健康食品などを組み合わせていくとよいでしょう。

マールフコイダンイー

「フコイダンならどれも同じ」等ということはありません。
吸収力・含有量なら、これが最適!不健康な毎日とは縁を切ってください。

マールフコイダンイー

毎日の一杯が生きるチカラになる!海からの恵みフコイダン

詳細は→マールフコイダンイー