胆道がんの自覚症状

「胆道がん」トップ

胆道がんの自覚症状

胆道がん自覚症状にはどのようなものがあるのでしょうか。

自覚症状で最も多いのは黄疸です。目や皮膚が黄色くなってきます。胆汁の通り道である胆道にがんができると胆汁は流れにくくなり、行き場がなくなり血管に逆流して起こります。

また黄疸が悪化した場合に、皮膚のかゆみが自覚症状として出てきます。

黄疸関連の自覚症状には食欲不振もあります。黄疸が出てきたら、食欲の状態にも気にしておきましょう。

発熱は、自覚症状の中でも分かりやすいものでしょう。胆汁に細菌が感染して発熱すると考えられています。尿は茶色くなったり、濃くなったりする症状もみられます。

他にも白色の便がでることもあります。黄色い色がつかなくなるのですから、真っ先に胆道に異変があったことは疑うべきでしょう。

その他の自覚症状として、全身の倦怠感、だるさが出ることがあります。肝障害のため起こるものです。一般的にがんの進行に伴って全身に感じることが多いようです。

胆道がんの自覚症状がでてきたら、すぐに専門医にかかってください。普段から身体を労わるためにも、栄養がぎゅっと詰まったものを体内に取り入れるべきです。プロポリスなどのサプリメントは副作用の心配なく、日々の健康維持に役立てることが出来ます。今からでも遅くないので、しっかりと対策をとるように意識しましょう。