胆道がんの生存率について

「胆道がん」トップ

胆道がんの生存率について

胆道がん生存率はどの程度なのでしょうか。

がんは一般的に再発するリスクがついてまわります。一度手術などで取り除いたり、治療をしたとしても、100%治るとは限りません。

生存率を知っておくことは、家族の安心と本人の治療を通してがんに立ち向かおうとする気持ちをしっかりとさせてくれます。

生存率をがんのできる部位ごとに分けてみると、胆管がんでは病期1期は100%です。

5年生存率が2期では85.7%です。2期でも比較的高い割合になっています。

2年生存率が3期と4期では約50%です。後期になればなるほど、数値が下がっていきます。

生存率を高めるには、体が少しでも元気になるように生活を改善していくことが重要です。

そして、最も効果が期待できる生存率アップ法は、生活の中に笑いを取り入れることだそうですよ。将来への不安で胸がいっぱいでは、癌に勝つことはできません。

胆道がんの生存率は、体力の維持向上が鍵です。明るく楽しい生活ができるように心がけ、健康によい食事なども多く取り入れましょう。健康食品(プロポリスなど)をとることは手軽でお勧めです。